年代でリスク調整

“年代でリスク調整”

 

30歳から60歳まで積立投資をする場合、年代ごとに組入れ比率を調整することでリスク軽減が出来ます。

積立投資で順調に積み上げて増やした資産を、最後で下落して減少させると勿体ないですよね。そんなことにならないためにも、せっかく増えた資産を減らさないためにも組み入れを調整します。

株式はリスクが大きいですが、債券は比較的にブレ幅も小さいです。なので、この組合せの比率でリスクを調整します。

例えば、この図のように30代では株式の割合を多くして、40歳代で株式と債券を同率に、そして終盤の50歳代では債券の割合を多くします。

積立開始しばらくはリスクを気にせずに、株式の割合を多くしてユニット数を増やすことに集中しましょう。

10年を過ぎたころには分散投資に切り替えて、少しリスクを抑えつつも成長する株式にも期待しながら運用していきます。

残りの10年は、資産もある程度増えてきたなら、増やすことよりも減らさないことを意識して債権を多めに組入れましょう。

 

リスクはこのように調整しながら運用していけば、余程でない限り資産を大きく減らすことはないでしょう。

ただ、積立投資でリスク調整出来るものと出来ないものがあります。

リスク調整出来るもの:確定拠出年金、変額保険など
リスク調節できないもの:つみたてNISA、ドル建終身保険など

 

当社は、お客様の投資スタイルに合わせて金融商品の組合を行いリスクを調整しご提案します。
一緒に資産作りを考えて一緒に歩んでいきます。

まずはこちらでお問い合わせください。