新社会人が入るべき生命保険は◯◯保険

新社会人が入るべき生命保険は◯◯保険

四月より新社会人として就職された方に心よりお祝い申し上げます。

新社会人になると今まで両親が支払っていたものを自分で支払うようになる方も多いのではないでしょうか?
何気なく使っていたものも自分で支払うとなると、これだけかかっていたのかと気づくことでしょう。

例えば、携帯や自動車保険、そして生命保険。

 

初任給の中ではまだ金額も少ないので支払うにも限度があります。
そこで、必要最小限で且つ将来において最も効果的なものを選ぶ必要があります。

その代表が「生命保険」です。

生命保険は特に分かり難く、勧められるままに加入するケースが多いようです。
特に新採の方は会社の来られる営業パーソンに何となく加入しするパターンをよく見受けられます。

実際に保険見直しの相談を受けた時に、新社会人になって言われるがままに保険に入ったけど、そのまま10年ほど経たけどそろそろ見直したいとのご依頼で証券を拝見したところ、なんと驚くことに、まだ10代の独身男性に数千万の死亡保障とあまり必要としない多額の介護保障がついていました。

もちろん、保険料のほとんどは掛捨てで、今解約してもほとんど返戻金はありません。

確かに、生命保険は死亡した場合に多額の保険金が支払われます。
しかし、その金額が必要な金額なのかの理解を新社会人に求めるのは酷です。
なので、保険営業パーソンがしっかりとその方の将来を見据えて、最小限の保険料で効率的な保険を勧めるべきです。

残念ながら、モラルを優先するのか?営業成績を優先するのか?は倫理的な問題でしょうが、その保険会社では対応できない限界もあるのは事実です。

昨今の長引く低金利と物価上昇の加速で一番影響を受けるのが長期間契約する生命保険です。

一般の生命保険では今後インフレになった時に大きなダメージを受けかねません。
また、生命保険は契約の時にゴールが決められています。
例え10年後に好景気で金利が上がっていても、加入したときに予定利回りが決まってしまいますので、このままずっと低利回りの契約を続けなければいけなくなります。(一部は変動するものもありますが)

どうせ、やがて結婚して子供が生まれて、マイホームを持って、学費に追われる生活が予想されるならば、今のうちから資産形成をしながら保障を得られる保険を選ぶのが賢明だと思います。

生命保険は長期間経って後悔しても、もう戻ることは出来ません。
なので、最初に間違わない生命保険を選ばなければいけません。
今後を見据えて、何が必要なのかを考えて選ぶことをおススメします。

とは言っても、自分で探すのは大変なことです。
では、保険の営業パーソンに聞いても対応できる方はどれくらいいるでしょうね?
こういう時にIFAに相談すると答えが出るかもしれませんよ。

私の結論から言うと、
新社会人が入るべき生命保険は◯◯保険です。

 

この◯◯を知りたい方はこっそりお教えしますので、
お問い合わせください。

HPお問合せ先

お問い合わせ

ウェルス・クリエーション(LINE@)
https://line.me/R/ti/p/%40dch7019c