無料相談と有料相談のクオリティーの差は?

無料相談と有料相談のクオリティーの差は?

 

FP相談、保険相談、資産運用相談などで「無料相談」と「有料相談」がありますが、無料よりも有料が質が高いサービスが受けられると思っている方が多いようです。

無料相談においても、タダだと後で何らかの商品を売り込まれるようなイメージで思っている方もおられます。

そこで、無料相談と有料相談のサービスのクオリティーの差に違いがあるのかを考えてみます。

 

そもそも相談はボランティアなのか仕事なのかを考えると、決してボランティアではないということは間違いありません。なので、仕事となれば報酬を頂かなければなりません。
この報酬がどこから頂くのかによって無料なのか有料なのかに分かれるだけです。

なので、有料相談がレベルが高く中立公正というわけではなく、無料相談でもレ別の高いプランナーもたくさんいます。
最終的にはプランナーのレベルの差であって、有料無料は関係ないということです。

 

 

 

では、無料相談はどこから報酬を得ているのかというと、クライアントでは無くメーカーから取扱手数料として報酬を受けているのです。
なので提案して採用された商品によって手数料も変わってきます。
保険代理店や金融仲介業のファイナンシャルプランナーがこのタイプです。

ここで注意なのが、中には手数料が高い商品に誘導するケースや、代理店の都合で決めてしまうことがあることは否めません。保険会社のキャンペーン中に集中した商品を提案するケースも見受けられます。

このような状態はもちろん相談者にはわかることないので、一方的な提案を受け採用するケースもあるようです。特に大型の来店ショップなどの複数の保険会社を扱う代理店はこの傾向が強うようです。なぜなら家賃、人件費などの高い固定費を回収しなければいけないからです。

 

であるのであれば、やはり保険代理店や金融仲介業を行っていないプランニングだけの相談料を報酬とする「有料相談」がいいのでは?と思っている人も多いでしょうね。販売を伴わないので中立の立場で提案してくれるからと考える人が。

しかし、よく考えてみてください。商品のスペックをよく知るのは取扱者です。
取り扱っていない人の情報収集はほぼネットからの情報とマスコミからだけです。この情報は一般の人でも得られる情報の量とほぼ一緒です。

これではリテラシーが低すぎます。相談者により良い情報はネットやマスコミにはありません。現在では金融情報は行政規制が厳しく裏情報や強調した情報は載せることが出来ません。なので一般的な情報だけしかネットには載っていないのです。

取扱い者は商品のスペックの研修や研究を怠りません。なので、取り扱わない人との情報の量は比べ物になりません。
この差が提案の質になります。プランニングはこの情報の量と質で決まります。

 

結論

何か見直しのためや商品購入を考えている方には無料相談が圧倒的な情報の差とその後のフォローも行ってくれるのでいいのかもしれません。

まだ何も具体的な見直しを考えないで将来を予測するプランニングをするのであれば有料相談の方がいいのかもしれませんね。

私の個人的な意見で申し上げるのであれば、自分が提案した商品は責任もって取り扱いを行い、その後のアフタフォローも行うのがプランニングの責任だと思っています。

取扱いを行わないプランニングは、言いっ放しで責任感をあまり感じないのは私だけでしょうか?
代理店を経営して、更に有料の相談料をいただいているところはダブルの報酬を相談者から頂くので相当高いサービスを行わないと満足していただけないと思います。

結論を申し上げるのであれば、有料か無料かよりも情報量をたくさん持って公平なプランニングを提案してくれるプランナーの差だと思います。