投資と投機は違う

投資と投機は違う

投資と聞けば、
「そんな投資なんかする余裕はない」
「そんな危ないものに手を出したくない」
「そんな知識もないので無理」
そんな・・・、そんな・・・、そんな・・・

未だに投資アレルギーの人が多いのも現状ではないでしょうか。
このアレルギーの原因は、正しい金融知識が出来ていないことも要因です。

その正しくない金融知識とは、「投資」と「投機」を間違って、正しく理解されていないようです。

みなさんがアレルギーに思っている投資は、実は「投機」の部分がほとんどです。
株や為替などを安く買って高い時のタイミングで売ることを目的としている運用です。これはとてもリスキーで素人が勝ち続けることは非常に難しいです。

日本人は今まで正しい金融教育を受けていないので、儲かる手段として株や為替取引をやっていました。その結果バブル時代はよかったのですが、その後に数々の市場の急落で大損を経験しました。

この大損の原因は、
「短期で儲けよう」
「儲かりそうなものに集中しよう」
「一攫千金でまとめて投資しよう」

これが大損の敗因です。
このような運用は投資とは言わずに「博打」「ギャンブル」といった「投機」に当たります。

今まで投資した人で損をした人は、損をする可能性が高い運用をしていたからです。かと言って、必ず運用したら儲かるわけでもありません。損をする確率を低くすることが運用するときにポイントです。

金融知識が乏しかった日本人が間違った投資のやり方で損をしたことが投資のイメージとなり、それがアレルギーの原因になったようです。

 

正しい投資とは、
「長期」「分散」「積立」

詳しくはこちらの「運用のコツ」を参考にしてください。
正しく投資を行えば、逆に大損するのも難しくなります。

あなたは正しい「投資」をしていますか?
それとも未だに「投機」をやっていませんか?